どうも、夜勤明けで体バキバキのakiです。

昨日は、なんと高校卒業以来、完全に音信不通だった友達と会っていました。

音信不通だったのは仲が悪くなったとかではなく、ただ単に浪人していて世間から離れていただけだったみたいでした。

久しぶりに会ったのに、まるで昨日会ったみたいな感覚で、積もりに積もっていた話が雪崩のように出てきていました…

以前どこかで、

親友とは、「いつも一緒に遊べる人」じゃなくて、「しばらく連絡を取らなくても会ったとき昨日のように話せる人」

と聞いたことがあるので、まさしく彼はそれに当てはまる人なのかもしれません。

今後の人生で関わる人のうち、親友と呼べる人はそう多くはいないだろうから大切にしないとね。そう思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました