こんばんは、akiです。

先日10日、ブラックホールの撮影が成功したというビッグニュースがありましたね。

僕はその中継映像は見れていませんでしたが、後々記事で見て興奮しました。

ブラックホール自体は100年前にアインシュタインによってその存在が予測されていました。

が、光をも飲み込むという性質上、観察が困難を極めていたのです。

それを今回、ブラックホールを直接観るのではなく、近くのガスの影を観ることで観測しようとしました。

もともとブラックホールの周囲は、螺旋状に吸い込まれるガス群が物凄い摩擦熱を発生させ、強烈な光を放つことは分かっていました。

実際、太陽系が属する天の川銀河にも巨大なブラックホールがあると言われています。

地球が太陽を中心に周るように、銀河もブラックホールを中心に周っていることがわかっています。

それは太陽と比べ物にならないくらい大きなブラックホールは重力もとても大きいもので、それは星の誕生、ひいては生命の誕生のキーになっている可能性があります。

今回の発見は、宇宙の進化を解明するのに大きな手がかりとなりうるでしょう。

事象の地平線の向こうには何があるのでしょうか……

今後の研究に期待しましょう。

参照:https://mainichi.jp/articles/20190410/k00/00m/040/249000c.amp

https://blogos.com/outline/370699/

コメント

タイトルとURLをコピーしました