こんばんは、akiです。

昨日は夜型朝型について書きましたが、最近朝型夜型診断というのを目にしたのでやってみました。

診断→http://www.sleepmed.jp/q/meq/meq_form.php

なんと……

めちゃくちゃ普通でした。

ネタにでもしようと思ってたのに、予想以上に普通なので困っています。

同じ診断を部活の先輩達がやっていたので結果を見てみると、同じ44点、28点、16点と、なかなか心配になる点数でした。

特に16点の先輩は、もう全国最下位クラスでした。存在するのかってレベルですね。

「社会に適合出来る気がしない」って言ってました。

ここまで夜型なら、これはこれで丁度いい仕事が有りそうですが…

また、NHKが5年ごとに行っている国民生活時間調査というのがあって、それによると

70年前は、23時就寝6時半起床

50年前は、24時就寝7時半起床

4年前は、25時就寝7時半起床

となっています。

ここ数十年で日本人の殆どが夜型に近付き、睡眠時間が減っていることがわかります。

グラフで見ても分かりやすいです。全体的に平日、日曜の睡眠時間が減少傾向にあります。土曜日はよく分からない動きをしていますが。

睡眠時間の減少は集中力の低下を引き起こしたり、心の余裕を無くしたりするので、社会全体がゆとりを欠いているのかもしれません。

参照:https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20160217_1.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました