こんにちは、akiです

今更ですが、新しい元号が始まりましたね。

当時は自分は四国にいて見られませんでしたが、天皇の即位と退位が4/30と5/1に行われて新しい元号になりました。

その時の記事を見て面白かったのが、天皇の生前退位が行われたのは日本では200年ぶりだということです。

200年ぶりだということも、200年前の資料が残っているということも凄いことです。

皇位継承の式典は剣璽などを継承する儀式で、剣璽とは、三種の神器の天叢雲剣と八尺瓊勾玉で、これを次の天皇に継承することです。

天叢雲剣もとい草薙剣は熱田神宮に納められているのですが、皇位継承の儀式の時、皇居に移されたため剣の力で日本中に雨が降った…と言われていて面白かったのですが、調べてみるとなんと昭和天皇が崩御された日も、その日だけ雨だったようです。なにか関係があるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました